2010年08月31日

カルマの法則



自分でまいたタネは自分で刈り取らなければならない。

自分の選択の結果は自分で体験しなければならない。


悟りというのは自我意識がなくなる状態のことのようです。

つまり、肉体感覚的欲求、利己的な欲求、自他という区別を作る想い・・・


それらが一切消えることで人は本来の姿を現すといいます。


まずは、過去生から現在までまき続けたカルマの種が花開き枯れていく様子を静かに見守る。

そして、過去の思いや選択の結果でしかないカルマの現れである現象にとらわれることなく
過去を捕まえることなく、ただ消えていくものと知り

向かうべき場所へ向かう選択をする。


今がどうであれ大丈夫

今起きている現象は過去の選択の結果でしかないから

これから先は今決めるのだから


現象にとらわれずに、自己の本質に向かう

世の多くの人々が夢や目標に向かうように

私もそのような生き方をしてみようと想います。


posted by てづか at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。