2010年08月30日

日々精進


天の川銀河がいずれなくなってしまうという情報がありました。

宇宙の調和とかそういう問題からなのですが。


そんな話からふとぼんやりと

きっと星はその肉体がいつか消えることは知っているのでしょう。

そして、そのことで自分の本質が消えるわけではないことも知っているのでしょう。


肉体はいつまでもそのままであり続けるわけではなく

常に変わり続けていく

そこには様々な法則が働きかけている


自分という本質はその法則を支えている何者かである

何者かという限定を受けることもない

そんな存在


星は星という肉体を通して自らの本質を表現する

全ての存在がそのように表現している。


肉体が存在する限りはその肉体を通して

その表現が本質の輝きのそのままでありますように


さあ、今日一日出来るだけそのようでありますようにぴかぴか(新しい)

posted by てづか at 10:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。