2010年09月13日

祈り



祈りというのは願掛けとは違う

生命を本来のままに働かせること、それがいのり

神といわれる大いなる意志の祝詞

神の意志をのり出すことがいのり

神の命に乗ることがいのり


それは調和させている力そのものであり

調和させている、始めの力と一つになること


ヨガでは、呼吸の音(ハーン・サーという音)は「我は彼(霊)なり」

という宣言を行っていると教えています。

つまり、息をしているだけで祈っていると言うわけです。


私たちはそのように愛されて、待ち望まれているのですね。

posted by てづか at 16:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。